最新記事

医療事務とは患者に行った治療の内容を点数化して集計し、国の各保険機関に提出する作業の事です。
これには国家資格を持ったものが行うのが基本です。
資格を取るには通信教育、もしくは3ヶ月の講座を受け、国家資格の試験に合格する必要があります。
治療内容をカルテからレセプト用紙に記入し、治療内容を点数化し、集計して月末に送付します。
現在はコンピュータに治療内容を入力すると自動的に集計され、以前の手作業より大幅に改善されています。
点数の10倍が治療費とされるので患者さんが受けた治療数が多いほど病院に支払われる金額も大きくなります。
国民健康保険に加入してる患者さんはこの治療費の30%を会計で支払う琴となります。
資格を取るとどこの病院でも事務の仕事ができるので取って損はないと思います。

歯を抜かずに虫歯を治す歯科治療のご提供

口腔感染症の早期回復を目指します

http://saiwaidental.jp/

働きたい鍼灸院が見つかる求人サイト

静岡市で歯医者ならひかり歯科医院